Topics  ピューラックス-S  貯水槽清掃  水質検査  レジオネラ属菌検査

 食品衛生検査  商品案内  会社案内  採用情報  お問い合わせ

環境計量事業

公定法、JISに基づく分析はもちろん、特殊機器分析などその手法は常に検討を重ねています。
また分析データ及び診断結果は迅速にお伝えします。
調査対象に適した調査の時期、頻度、調査地点や項目、方法などプロフェッショナルな目でお客様のニーズにお応えします。
対象 ●可燃及び不燃ごみ・粗大ごみ等の調査
    ●焼却残渣
    ●ごみ埋立地の調査(観測井戸・浸出水・発生ガス等)
    ●処理装置の効果判定

内容 ◆組成分類・見掛け比重・三成分比率
    ◆熱灼減量
    ◆元素分析
    ◆各成分分析
    ◆発熱量
    ◆分別ごみの各重量
対象 ●埋立・海洋投入される産業廃棄物等
    ●廃酸・廃アルカリ等の廃液

内容 ◆有害物質・油分
    ◆法令・条例による試験
対象 ●工場跡地・農用土壌・埋立用土砂・低質
    ●汚泥コンポスト等特殊肥料・飼料

内容 ◆有害金属・PCB・農薬等
    ◆肥飼料有効成分・物理組成
内容 ◆環境法令・条例・水道法・下水道法・工業用水試験法
      ・工場排水試験法・衛生試験法等に基づく分析試験項目
    ◆流量
    ◆水象
    ◆ジャーテスト
対象 ●河川・湖沼・ダム・海域・雨水・地下水等
    ●土場・研究所・病院・旅館等の排水・各種用水
    ●上水・下水・中水
    ●処理装置の効果判定
    ●清掃・ごみ処理場・し尿処理場・最終処理場
内容 ◆有毒ガス(SOx・NOx・CO・HCl・HCN・NH3・ばいじん量)
    ◆炭化水素等
    ◆重金属・PCB
    ◆降下ばいじん・浮遊ばいじん
    ◆気象
    ◆地下発生ガス成分
    ◆消化ガス成分
対象 ●ボイラー焼却炉・窯業炉等各種炉の排ガス
    ●工場内環境・広域環境
    ●大気汚染の与える影響
    ●処理施設の効果判定
    ●大気拡散調査